オイルの違いを実感したい

前回エンジンオイルを交換してから3か月で3200kmを走破。

なので今日はオイル交換に行ってまいりました。

一般的には「まだ早い」という意見が多数かと思われますが、

なんだか気になるんで、一応3000km毎に交換しております。

前回使用したのが「モービル1 5w-40」

本来、CR-Zにこんな高粘度オイルは不適合というところだが、

9月と10月にジムカーナがあったので、ちょっと冒険してみた。

CR-Zのエンジンは高回転域が苦手(6300回転でレッドゾーン)なので、

メーカー指定の低粘度オイルでは油膜切れを起こしてしまうかも。

まぁ、それもスポーツ走行を想定しての事で、

雪に閉ざされる冬期間はそんな予定もない。

なので今回はHonda純正の「ウルトラGreen」

これは米国SAE規格にも適合しないほどの低粘度オイルで、

〇w-○○という表示もない。

巷では「サラサラすぎて水みたいなオイル」と言われるシロモノ。

しまいには「こんなんでエンジン守れんのか」なんて意見も。

だが、もともと「エンジン屋」のHondaがエンジンと共に開発したオイルなので、

問題などあろうはずがない。

しかもこの「ウルトラGreen」、中々に性能がよろしくて、

Honda以外のメーカー車に乗っている人でも愛用している人がいる(らしい)。

そんなわけで今回、バリバリのスポーツオイルから、

SAE規格にも適合しないほどの低粘度オイルへと変更した事で、

動力性能の違いを体感してみた

・・・はずだったのだが、結局、以前のフューエルワンと同じ結論に達しました。


やっぱよくわかんね(´▽`)♪


・・・僕はバカなんだろうか。

クルマが好きで色んなパーツをあれこれ試すんだけども、

何かを換えて効果を実感できた事がほとんどない

クルマ好きとして、これは実に悲しい。

僕みたいな鈍感野郎は、

もうこれ以上、余計な事をしないほうがいいのかもしれない。

はっきり言ってカネの無駄です。

黙って純正品で固めておくのが一番賢いのかも。

・・・。

でもなぁ・・・。

なんだろう、なんか違う事やりたいんだわw

そもそも、「周りと同じでいい」というスタンスなら最初からCR-Zになど乗らん。

別に違法改造してるわけでもないし、非難される謂れはありませんのでw

それに今回の「ウルトラGreen」はCR-Zのメーカー指定純正品だし。

まぁ、たぶん今後も、僕は「カネの無駄」を続けるでしょうな。



次は冬明けのタイヤ交換かな。

また無駄に高いプレミアムコンフォートタイヤとか買いそうな気がする。

んー、楽しみだwww



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック