オイルの違いを実感したい 第2回

さてさて、我が相棒であるCR-Zのオイル交換の時期です。

前回は冬仕様という事でメーカー指定の「ULTRA Green」。

走行距離が8万km近いクルマのエンジンに、

メーカー指定とはいえ、

この超低粘度オイルはもうヤバイ気がする。
(聞いた話ではGreenは0w-10相当らしい)

次の冬にはもう少し粘度指数を上げてみますか。


それはそうと今回。

「Mobil1 0w-30」と最後まで迷った結果、

「もう一度Honda純正でいこう」と思い、

「ULTRA GOLD 5w-40」に決定。

そういえば、なぜかいつも社外品ばかりに目がいっていたが、

純正品でもこういうオイルって(当然)あるんだわなw

あ、でもエレメントは社外品です(PIAAツインパワー+マグネット)。


んで、さっそく近場の峠道を軽く流してみる。

「こ、これは・・・!!

・・・違う!! 今までとは全く違う!!

純正オイルに換えるだけで、

こんなにもクルマは変わるのか!!」


・・・などという走り屋漫画の主人公のようなセリフを吐いてみたいところだが、

僕が思う事はいつも同じである。

全然わかんね(´▽`)♪

どういうオイルに換えたら違いが実感できるんですか?

誰か教えてください(・∀・)



今回は(っていうかいつも)Amazonでオイルを仕入れたわけだが、

オイルに限らず、あの「商品レビュー」ってのは、

大抵アテにならんw

低粘度オイルから高粘度オイルに交換したと言っている人が、

「燃費が良くなった!」とか、

「加速力が上がった!」とか言ってっけど、

そんなわけないでしょwww

「粘度を上げる」ってのがどういう事かわかってますかw

高いオイルを入れたからそんな気がするだけじゃないの。

それか、無理やりそう思おうとしているだけか。

要は車種や用途に合っているかどうかが重要なんですけど・・・。

まぁ、本人が満足ならそれでいいのかな。

CR-Zという非力なクルマに5w-40なんてオイルを入れている僕も偉そうな事は言えんわなw

クルマは「思い入れ」で乗るものです(´▽`)♪


オイル交換のついでに、

今回はエアクリーナーエレメントも交換してみた。

これも純正品(HAMP)で。

カバーを開けて古いエレメントを取り出してみると、

これがまた見事に真っ黒

これだけ汚れたものを新品に換えたら、

さすがにそこは違いを感じるだろうと思いきや、

全然変わんね(-_-;)

まぁ、気持ちの問題ですよ・・・。

気持ちの・・・ね・・・(T_T)/~~~










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック