みんな大好きLED

2017年現在、世の中なんでもLEDですわ。

やれ省電力だ、やれ長寿命だと騒ぎ立て、

明かりという明かりの全てをLEDにしたがる。

LEDがそんなに偉いのか!!

まったく、どいつもこいつも浮かれおってからに(-。-)y-゜゜゜

やれやれ、ちょっと気晴らしに買い物にでも行ってくるか。


画像



・・・(-_-;)

結局これかw

しかも12000円て・・・。 高っ。

そして装着。


画像



画像



いいね、LEDwww

やっぱ今はLEDでしょwww

これまでフォグライトに使っていたハロゲンバルブの消費電力は片側55W。

対して、今回導入したIPF製のLEDバルブは片側12W。

なんと消費電力1/4以下。

そりゃLEDが流行るわけですな。

アイドリングストップ機能を備えたCR-Zというクルマにおいて、

片側55Wという電力消費量は、停止中のバッテリー負荷が大きすぎる。

ただでさえ、CR-Zの純正バッテリーは34B17LというKcar並みのシロモノだ。

そんなんでフォグライトを点けっぱなしにするなんてのは、

クルマはもとより、精神衛生上よろしくないので、

これまではほとんど使ってなかった。

消費電力がグッと下がったし、自分なりにオシャレだと思うイエロー光で、

これからは活躍の場も増えそうです。



しかしまぁ・・・

IPFって高いよね・・・。

通販サイトでは2000円くらいの安い中華製品なんかも売られてるけど、

そういった物はほぼ確実に耐久性に難があるわけで・・・。

IPFは高いけど、そのぶん中華製品には無い信頼感を得られる。

なんたって商品パッケージに

信頼の日亜製

とか、

JAPAN PRIDE

とか書いてるくらいですから。

うむ。日本製品バンザイ(・∀・)♪

画像


・・・。

・・・?

・・・あれ?

おかしいな・・・。

Amazonの商品画像では、

たしか上のほうに「JAPAN PRIDE」のロゴがあったはずだが・・・。

裏面に移動したのかな。

画像




(゚д゚)!!



画像



なんだとっ!!!!

メイドインチャイナってお前・・・。

IPFは国産品じゃなかったのか!?

ジャパンプライドはどこへいったジャパンプライドは!!



やられましたな・・・。

信頼性の低い中華製品を避ける意味で、

あえて高価なIPF製品を購入したはずが、

結局、高価な中華製品を買ってしまいました・・・。

なんじゃそら(T_T)


まぁ、全ての中華製品が粗悪品と決まってるわけではないしな・・・。

しばらく使ってみるしかないでしょう。


しかし、どうしたIPF。

やはり国内製造では割りに合いませんでしたか?

僕の相棒(CR-Z)の灯火類はそのほとんどをIPF製に換装済みだというのに。

少々残念な気がするが、これも時代の流れですかな・・・。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック